本当の意味での保湿方法 - 美肌になるための基礎知識

美肌になるための基礎知識 > 本当の意味での保湿方法

本当の意味での保湿方法

肌が乾燥してカサカサになると、肌荒れが起きてしまいます。
所謂「乾燥肌」になってしまうと肌のバリア機能が壊れてしまい、ほんの些細な刺激が加わっただけでも、肌トラブルに見舞われてしまいます。
何とか治そうとスキンケアを頑張っても、乾燥そのものが改善されない限りはどうしようもありません。

乾燥を防ぎ美肌になる為には、保湿が絶対条件です。
しかし普段から保湿に力を入れている人は多いと思いますが、本当にしっかりと保湿出来ているのでしょうか。
値段の高い化粧水や乳液を使って念入りに保湿をしていても、正しい保湿が出来ていなければお金の無駄です。
肌の表面を幾ら濡らしても本当に濡らしているだけで、保湿にはなっていないのです。
それならば水道水で顔を濡らしていた方が、まだマシです。

ではどうやって保湿をしていけば、肌が潤い美肌になれるのでしょうか。
そもそも「美肌になる為の保湿」とは肌に潤いを与えるというのではなく、肌が乾かないようにする為のものです。
元々肌には、水分を蓄える機能が備わっています。
しかし何らかの原因により蓄える機能が損なわれるとどんどん蒸発し、乾燥肌になってしまうのです。
つまり本当の意味で肌を潤したいのならば、水分を蓄える機能を回復させなければいけません。
その為にはセラミドやヒアルロン酸等の保湿成分が含まれているものを使い、肌にじっくりなじませるように使っていきましょう。

ただしこれらの方法を行ったからとはいえ、今すぐに効果が出るのは難しいでしょう。
早い人であれば1日~2日で出て来るかもしれませんが、ほとんどどの方は数ヶ月単位はかかります。
でも毎日コツコツと続けて行えば、肌はしっとり潤い若返ることも可能です。
メイクのりもかなり良くなるので、薄づきでもしっかりカバーしてくれるようになります。
化粧崩れもほとんど起こらないので、面倒なメイク直しも必要ありません。
保湿が上手く行けば、異性からの声が絶えることもないでしょう。
その為にも、正しい保湿を心がけるようにして下さい。