美肌の条件 - 美肌になるための基礎知識

美肌になるための基礎知識 > 美肌の条件

美肌の条件

TVや雑誌で見かけるモデルや女優の肌は美しく、憧れている人も多いかと思います。
しかし人はどこを見て、美肌だと感じるのでしょうか。
「美肌の条件」として3つ取り上げ、検証してみたいと思います。

まず1つ目は、瑞々しく潤いのある肌をしていることです。
肌に水分がたっぷり含まれていると、表面にある角質の状態が良くなり、ありとあらゆる刺激にも強くなります。
またハリと弾力もしっかり備わっているので、若々しい印象を与えます。
よく実年齢よりも若く見える人が話題になりますが、彼女たちに共通しているのは潤いのある肌そのものにあるのです。

そして2つ目の条件が、肌のキメが整っていることです。
「肌のキメ」という言葉はよく耳にするものの、具体的に何を指すのかについてはあまり知られていません。
肌をよく見て見ると、網目状に細い線が沢山走っているのが分かるかと思います。
「肌のキメが整っている」ということは、この細い線が均等に並んでいて美しい模様を描いている状態のことを言います。
美しい模様が描かれていれば毛穴は殆ど目立たず、正に「陶器の様な肌に」なるという訳です。
肌のキメを見ると、肌の健康状態がどうなっているのかが一目瞭然です。
エステで施術を行う際に、肌の状態を最初に調べるかと思います。
この時にエステティシャンは専用の器具を使い肌のキメを見て、肌の状態を判断していきます。

最後に3つめの条件は、顔色が良く透明感があることです。
どんなにスキンケアを施したところで顔色が悪ければ、美肌にはなれません。
顔色が悪くなる原因はは色々と考えられ、時には病気が大きく関係している場合もあります。
でも病気になっていないにも関わらず顔色が悪いのであれば、くすみが原因になっていることが考えられます。

美肌と判断する基準は人それぞれかもしれませんが、根本的な部分については3つの条件がピッタリ当てはまっているかと思います。
毎日正しいスキンケアを実践していき、美肌の条件を1つずつクリアして行きましょう。